【最安値に挑戦】-日本製 ブルー NUF-2740 ダウン85%入合掛けふとん cphyc482436-布団



ガス会社が木質バイオマス発電の電力、1万1000世帯分を供給開始

   

発火した屋根の外部分では改修工事のために足場を組んでいた

【その他の画像】

 年間の発電量は4000万kWh(キロワット時)を見込んでいる。一般家庭の使用量(年間3600kWh)に換算して1万1000世帯分に相当する。北海道ガスは固定価格買取制度を通じて全量を買い取る。苫小牧市の総世帯数(8万7000世帯)の1割強にあたる電力を地域の木質バイオマスで供給できる。

 北海道ガスは2016年4月の電力小売全面自由化に合わせて、北海道内の家庭や商店を対象に「北ガスの電気」の販売を開始した。2017年1月末の時点で契約数は5万件を超え、北海道内の新電力の中で約4割のシェアを獲得した。ガスや灯油と組み合わせたセット割引に加えて、再生可能エネルギーを多く含む電力を特徴として打ち出している。

彼らは地上数百メートルの高層ビル群を命綱なしで登り

 北海道電力が2015年度に発電した電力量(他社からの受電分を含む)の27%を石油火力が占めている。国内の電力会社全体では石油火力の比率は9%まで低下しているが、北海道電力はその3倍の水準にある。同様にCO2排出量の多い石炭火力の比率も高い。北海道電力で初めてのガス火力発電所は2019年に運転開始する予定だが、それまではCO2排出量の多い電力の供給が続く。

 企業のCO2削減量に影響する電力のCO2排出係数(電力1kWhあたりのCO2排出量)を比較すると、北海道電力は電力会社10社の中で沖縄電力に次いで2番目に大きい。この問題の解消に向けて、北海道ガスは再生可能エネルギーと天然ガス火力を組み合わせて企業のCO2削減の取り組みを後押しする方針だ。

地方分権の流れに逆行して「地方自治の本旨」に抵触することになるのか

 「北ガス版HEMS」は北海道ガスが独自に開発を進めていて、2018年度から一般の家庭に提供する。都市ガスを使って電力と熱を高効率で供給できるコージェネレーション・システムの「エネファーム」を中核に、家庭内の電力・ガスの使用量を収集・分析して省エネにつなげる狙いだ。

 すでに北海道ガスは100件の家庭に計測機器を設置して、「北ガス版HEMS」によるエネルギー使用量の見える化や電気・ガス機器の自動制御を実証中だ。北海道では冬になるとエネルギー使用量が格段に増えるため、HEMSを使って光熱費を削減できる効果は大きい。

 - , , , パナソニック ダウンライト LED(電球色) NYY56039K, , , 受注生産品 T区分オーデリック照明器具 XD258863 ダウンライト ユニバーサル LED, XD402298H オーデリック 照明器具 ダウンライト ODELIC, , , オーデリック 店舗・施設用 ダウンライト 【XD 258 796】 XD258796, , , , , , , , , MAXRAY マックスレイ LEDダウンライト 65-20589-10-95